初心者マークのロゴ
初心者向けの登山&ハイキングサークル インプレッシブは関東周辺エリア(東京、神奈川、埼玉、千葉、静岡、山梨、茨城、群馬、栃木)を中心に毎週ツアーイベントを開催中♪
インプレッシブのロゴです。
 
 
静岡県:天城山のシャクナゲ

 静岡県:天城山シャクナゲとトウゴクミツバツツジとの出会い

 先日開催された天城山シャクナゲ&トウゴクミツバツツジのイベントのご紹介です。

【静岡県】登山ハイキング&ハイキングサークル インプレハイ天城山ハイキング シャクナゲとトウゴクミツバツツジ

今回は先日開催された天城山 シャクナゲとトウゴクミツバツツジとの出逢いをご紹介します。長文となるのでお時間のある時にでもご覧頂けますとウレシイです((´∀`))ケラケラ

 

静岡県:伊東駅集合

伊東駅の改札口

風薫る5月に伊豆半島の伊東駅にて集合しました。やや早めにインプレ車にて到着をするも既に数人の方がいました。皆さんとっても早いですね。その理由をお聞きすると、伊東駅から天城高原ゴルフ場までは1時間位バスに乗るので座って行きたいとのことでした。
 
10時10分のバスに乗るには10時5分伊東駅着の電車で下車をするとかなりギリギリです。いつものように駅前には集まらずにバス停で並ぶようにお伝えしました。

 

初心者ハイキングスタート:天城高原ゴルフ場

天城高原ゴルフ場からのハイキング入口のゲート
 

皆さんは無事に乗れましたが、インプレ車は先回りをして駐車場に停車をしました。でも駐車場はほぼ満車状態でした。
 
ここで今日の工程や初参加の方のご紹介をしました。特に山中にはトイレが無いので最後に行くようにお伝えしました。帰りの17時40分のバスが最終なのでそれまでに戻らないとマズイです。時間的にはゆとりはありますが、今日も安全で楽しい一日になれるように、皆さん頑張りましょう!!
 

 
綺麗な池

 
登山口から入るとすぐさまとっても綺麗な水辺がありました。苔が生えているのでとっても映えますね。水面に木々の陰が入っているのも良いですね
 

 
ヒメシャラの木
 

しばらく歩くと赤茶色の巨木が見えてきました。『ヒメシャラ』です。ヒメシャラの幹は樹皮が薄く滑らかなツルツルとしているツバキ科の木です。6月から7月にツバキに似た白い5弁の花を咲かせます。やはり海沿いに生える木なので葉っぱがテカテカとした照葉樹が、多いですね。椿もですが、照葉樹は海の潮気に対して強いのが特徴ですね。
 
あちらこちらを見回すと巨木が倒れているのに気が付きます。このルートは伊豆半島最高標高の稜線です。標高が高くなると(周りの山と比べて相対的に標高が高いと特に)、気圧が低くなるために雨や雪や風の影響を受けやすいので。

 
 

その後、樹林帯の中を歩き、涸沢(大雨の後にだけ見せる沢)に到着しました。トウゴクミツバツツジが複数生えていたので、ここでプチ休憩をしました。しっかりと水分補給をしたりウェアリング調整をして次の歩行に備えます。
 
ここからはやや登山道が歩きにくいのでゆっくりと歩きます。あちらこちらにミツバツツジが咲いています。新緑の緑とツツジのピンク色に染まり森がとても明るかったです。

天城連峰から見える大島

 
30分位すると展望が開ける場所に到着しました。春を待ちわびた眩い新緑にとても癒されます。遠くに見えるのは大島です。ここでしばらく写メタイムです。
 

万二郎の山頂に到着

 

万二郎の山頂
 

ここにはお昼過ぎに到着をしたので即ランチとなりました。海側からの風が吹いているので短めの休憩を取りました。休憩時は汗冷えをするので一枚羽織ると快適です。休憩中は基本的に黙食ですが終わるといつもの楽しい談義となります。山の装備のことや服装のこと、何処から来たの?どんな山に登った?など会話も毎回弾みます。今回はアメリカの方がいらっしゃってくれたのですが日本語がお上手過ぎてビックリしました。
 

ランチの後のコーヒータイムの光景
 

何とここで某メンバーのハヤシさんがコーヒーのおもてなしがありました。温かいコーヒーに身も心も温まりますねぇ~お気遣い頂きどうも有難うございます(^▽^)
 

天城連峰の頂きに向けてスタート

楽しいランチも終わり、今回の最高峰の万三郎へと参ります。ここからが核心部です。標高100M位降りて、200M位登り返します。登山道は歩き難い場所もあるので一歩一歩安全を確認して登り降りをします。

 

アセビのトンネル

アセビのトンネル

 
登り降りを繰り返すと平坦なコースがあります。そこにはアセビのトンネルがありました。アセビはツツジ科の木で本州などの全土にあります。小さく丸い白い花が咲いてました。アセビは有毒植物でもあり、馬が食べると酔った状態でフラフラとなるために『馬酔木(アセビ)』と明示されるようになりました。
 

戸惑い??(警察24時ふう??)番外編笑

これまでに幾度となく天城山とシャクナゲの引率をして来た大島はスタート時点から、ずっともどかしさを感じながら歩いていた。
長年の感からすると何かがおかしい・・・。
それもそのはず、今年の春、桜の開花は首都圏では10日位早かった。例年であれば5月下旬頃がシャクナゲの見頃となる。それらに追随をしてシャクナゲの開花も早くなると予測をしていた。今回のイベントも一週間以上も開催日を前倒しにしたが、かつて咲いていた場所ではシャクナゲはもはや一輪も咲いていなかった。
 

 
あちらこちらに咲き乱れるトウゴクミツバツツジ
 

順序からするとここ天城山ではシャクナゲの後に満開を迎えるのがミツバツツジ。スタート地点からこれまでに何十本もの見頃となっているミツバツツジと遭遇して来た。もしかすると宛てが外れたのか?あのかつて二輪しか咲いていなかった時もツツジはあちらこちと満開だった。(その時のルートは往路復路同一で二輪・・・つまり実質は一輪ということですね汗)
 
今回も似たようなケースに陥り夜も眠れず昼寝を繰り返していたあの悪夢が蘇る。もう二度とあの時と同じ過ちは犯したくない。頼む、おぉ~時間よ、頼むから戻って来てくれぇ~アーメン♪((´∀`))ケラケラ
 

見頃を迎えたシャクナゲ

 

見頃を迎えた北斜面のアマギシャクナゲ
 

えっへん・・・う~ん、いわゆる・・・ひとつの・・・予想通りというか今回も素晴らしいシャクナゲと出逢うことが出来ました(T T)
 
実はそれを最初に感じ取ったのは、すれ違うハイカーさんのハッピー指数でした(^▽^) 綺麗な光景と出会った後にはヒトの心は幸せに満ち溢れるので余裕が生まれます。いつも先頭を歩くボクはすれ違うハイカーさんがどのような光景と出会って今の状態にいるのか?なんて初めてすれ違うハイカーさんに対してプチ自然観察をしながら歩きます。
 

満開のアマギシャクナゲ

見事なシャクナゲでした♪

 
今回のアズマシャクナゲは伊豆半島とのコラボは避けては通れません。南斜面は海側に位置するので、地形が雨風により削られて傾斜がキツくなるので土砂崩れが多いです。そのためにあまりシャクナゲは咲いておりません。シャクナゲは高山植物の中では大輪なので風下でしか咲き続けることは難しいです。

 
 

伊豆半島最高地点 万三郎の山頂

静岡県:天城連峰~万三郎の山頂
 

伊豆半島は元々本土からは離れた場所にありました。噴火や隆起や地殻変動を繰り返して本土とぶつかり、今日の本州の仲間に入ったのです。天城山という山名は元々存在せず、万三郎岳、万二郎岳、遠笠山などの総称として呼ばれております。その伊豆半島で最も標高が高いのが万三郎です。展望こそありませんが、稜線上から見える海と山のコラボの景観はやはり伊豆だなぁ~と思います。
 

下山のスタート~尾根と沢沿いを歩く

尾根と沢沿いのコース画像
 

下りは伊豆最高地点からの下山のために、気象的な変化が著しいためにコースが荒れている箇所があります。落ち葉、浮き石、濡れた赤土の地面、木の根っこなどを皆さんとで積極的に注意喚起をしながら下山をしました。
 

協力しながら安全登山のメンバーたち
 

この連帯感は引率者のみでは生まれず、参加者さん同士のコラボにてサークル活動が生まれております。いつも積極的にご協力をして頂きどうも有り難うございます。いつも感謝をしておりますm(_ _)m
 
 

北斜面の魅力

沢沿いの日陰で生えていたシドケ

昼過ぎには陽が当たらなくなる、北斜面の尾根と谷を横切るコースは前半戦とは異なる光景を見せてくれます。足元を見ながら黙々と歩きましたが、苔やシドケはヒンヤリとした場所に生えるのでとても綺麗でした。東西南北の中では最も日照時間が少ない北斜面、『日陰がもたらす自然の光景』がありましたね。自然界の中では日陰と半日陰により植生界が変わって来るのもとても興味深いです。
 

下山終了

今回は17時40分に到着が必須の工程でしたが、皆さん本当によくガンバリマシタ!!朝のミーティングでもお伝えをしましたが、伊東駅行17時40分の最終バスに乗らないとタクシーを呼ぶことになります(片道7000円+配車料)。安全面を考慮しながら確実に全員が安全に下山することが出来るように皆さんにお伝えをさせて頂きましたが・・・お陰様で余裕をもって下山することが出来ました。グレードCの中ではタフな工程でしたが、皆さんとのお声かけやお気遣いにより無事に下山が出来ました。大変助かりました。
 

ゴールした天城高原駐車場に停めたインプレ車

 
今回のテーマは皆さんとで分け隔てなく自然を満喫することでした。それを皆さんと出来て感無量でした。ご参加をして下さった皆さんどうも有難うございました。また来年も行きましょう。
 

おまけ

解散後に温泉に行く予定でしたが今回は見送り、閑散とした伊東駅近くにて伊豆の海の幸を満喫させて頂きました。
 

伊豆名物の海鮮丼

 
あっ!!このゴージャズ刺身&寿司飯を召し上がったのは・・・コーヒーを皆さんにおもてなしをしてくれただけでなく、積極的に山中でお声かけをしてくれた某メンバーさんでした笑勿論、食事中は黙食&マスク会食ですし・・・お店はガラガラでした。早くコロナが収束して前のように楽しい宴会をしたいですねぇ。皆さんお疲れさまでした♪

 

 

埼玉県:美の山の紫陽花

新企画|埼玉県:美の山の紫陽花

6/26(土)埼玉県:紫陽花の美の山

Newのロゴ

現在美の山の紫陽花は見頃を迎えております。【6/24更新】

東京都:金比羅山~南沢の紫陽花

東京都:金比羅山~南沢の紫陽花

6/27(日)東京都:奥多摩金比羅山~南沢の紫陽花

Newのロゴ

南沢の紫陽花は見頃となっております。【6/24更新】

東京発の登山サークル|福島県:磐梯山&雄国沼のニッコウキスゲ

福島県:磐梯山&日本一のニッコウキスゲ雄国沼

7/3(土)4(日)福島県:磐梯山&日本一のニッコウキスゲ雄国沼

Newのロゴ

残席2名【6/23】
🔰初心者ハイカーのための大人の休日~東北を大満喫♪

静岡県発~神奈川県登山サークル:箱根外輪山

神奈川県:箱根外輪山丸岳

7/10(土)箱根外輪山 丸岳からの絶景の展望

Newのロゴ

*新企画|箱根外輪山の穴場~絶景スポットに参ります♪

東京都発登山サークル:日本アルプスの立山と高山植物

東京発:日本アルプスの立山と高山植物

7/17(土)18(日)北アルプス立山と高山植物のトレッキング

Newのロゴ

残席一名【6/6更新】
🔰初心者ハイカーのための大人の休日~国内最高峰のアルプスの展望と高山植物♪

東京都登山サークル:鳩ノ巣渓谷

東京都:鳩ノ巣渓谷

7/24(土)東京都 奥多摩 鳩ノ巣渓谷超初心者ハイキング

Newのロゴ

*新企画~多摩川の源流となかいさんの至福の釜めし*日程の変更

山梨県:徳和渓谷&桃パフェ

山梨県:徳和渓谷&桃パフェ

8/1(日)山梨県:クールインプレ徳和渓谷&極上の桃パフェ

Newのロゴ
 

定員に達しましたので一旦締め切ります。追加募集はお車の手配が出来次第となります。【更新:4/30】

東京発:登山サークル~月山と蔵王の高山植物

山形県:月山と蔵王の高山植物

8/7(土)&8日(日)山形県:高山植物の宝庫月山へ

Newのロゴ
 

*久しぶりに第三代目インプレ車にて高山植物の宝庫 月山へと参ります♪

初心者ハイカーさんへのサポートを14年間安心&安全をベースに『具体的な』ステップアップサポートをさせて頂いている登山&ハイキングサークルです。メンバーの方は80%以上がお一人&初心者の方です。ツアーイベントを過去600回以上の開催をして、皆様の環境作りへのご協力により無事故です。これからも安全登山へのご協力をお願いします。勿論、リピーターさん(=経験者)も大歓迎です。ご経験者の方にはより自然への質感の濃い『DEEP IMPRE』な世界へとお連れをします♪
 

最新情報と過去のイベントフォト

登山サークル:インプレッシブのバーナーロゴ~夏編登山サークル:インプレッシブのバーナーロゴ~夏編

感動への第一歩を!!夏編

 
お乗り換え案内のロゴお乗り換え案内のロゴ