初心者マークのロゴ
初心者の為の登山&ハイキング&トレッキングツアーサークル インプレッシブは関東周辺エリア(東京、神奈川、埼玉、千葉、静岡、山梨、茨城、群馬、栃木)を中心に毎週ツアーイベントを開催中♪
インプレッシブのロゴです。
 
 
電波の届かないスマホの画面表示のイラスト

山ではスマホが繋がりにくいのはなぜ?その原因と活用術のご紹介

登山やハイキングのスマホの活用術とは?

山にいる時にスマホを下界と同様に使い、何もケアをしないと山ではバッテリーが自宅に戻るまでもちません。
 
近年ではスマホを持ち歩いていない方はかなり少ないのが現状です。移動の交通手段としてのルート検索や、山中ではカメラとして使うこと、またアプリによるマップとして使われる方も最近では多いですよね。今では山ではスマホは欠かすことの出来ないツールです。今回は『山のスマホの活用術』をご紹介します。

【目次】

  1. 山でのスマホの役割とは?
  2. 山で電波が届き難いのはなぜ?
  3. 電波が届かないとどうなるの?
  4. 電波の入りやすい場所とは?
  5. 予備のバッテリーを持とう!!

 登山やハイキング中のスマホの使い方とは?

1.山でのスマホの役割とは?

山ならではのスマホの主な役割は一般的には3つに分かれます。

 

 <スマホの主な役割>

  • カメラ

歩いて来た軌跡を写真に収める楽しさ(登山中や下山後の分かち合いなど)

  • 地図の活用

現在地や歩いて来たコースが分かり目的地までのプランニングが出来る

  • 連絡や情報収集のツール

下界の方(家族や友達や救助要請など)と交信が出来る。天候や交通状況などリアルタイムの情報を知ることが出来る
 
上記が主な山で使われる主なスマホの役割となります。下界では快適に使えるスマホも山間部エリアでは取り扱いに対して注意が必要です。その理由とは・・・
 

2.山で電波が届き難いのはなぜ?

基本的に山には電波塔があまりないです。その理由となるものは、山間部は人口が少ないことや、山は気象の変化が激しいので外的な要因(雨・風・雪・土砂崩れ・雷などの天災)により設置が出来る安定した箇所が限られています。山では下界の基地局を経由して電波を繋がります。しかしながら、基地局から山までは距離が離れているだけでなく、木々や地形による障害が生じて通じにくいのが現状です。特に谷や沢など渓谷の凹みの中や木々が生い茂る森の中などでは電波は遮られてしまいます。ここで電波の基本的な習性をお伝えすると・・・

 
ドコモさんの電波の習性図

ドコモさんによる電波の習性チャート

電波は街灯などと同じように、遠くなればなるほど、また障害物が多い程、弱まる傾向があります。
 
一つの目安としては、晴天時であっても陽の当たらない場所や展望のない場所では電波が入りにくいのが特徴です。
 
当サークルのイベントにて分りやすい具体例は、川や沢や滝など凹みの中を歩く西沢渓谷です。【参照:毎年恒例の紅葉の西沢渓谷

 

3.電波が届かないとどうなるの?

山の中を歩いている時には電波が届かない為に『圏外』という表示がされますうよね。この圏外の状態を続けていると、スマホは自ら電波を探そうとして通常の何倍もの作業が必要となり、その結果、沢山の電力を消費してしまいます。ヤバい・・あれっ?!!バッテリーが持たないという方が希におります。初めて山に行ってスマホを使った時の、バッテリーの消費量に驚かれた方も多いでしょうね。そんな電波環境が思わしくない山でスマホを使う時には・・・
 
『圏外』の時の使い方としては、電波が入らない時や使わない時には、電源を切るか、もしくは『機内モード』にしてください。
 
機内モードであってもカメラを使うことも出来ますし、アプリの地図を見ることも出来ます。地図を使う場合には、事前に電波が通じる場所にてこれから歩くコースのエリアマップをダウンロードしておけば、電波のない状況下であってもGPSをオンすると使えます。電波が入っていない時と比べるとビックリする位消費電力を下げることが出来ます。
*【注意】電波の繋がらない場所では、アプリはマップ事態のダウンロードも出来ないのでご注意下さい。かなりの電源と容量を消費します。
 
個人的な体験談では山の中で約6時間の機内モードで使うと以下の消費で済みました。
 

・撮影のみだと5%未満の消費
・マップを使うと10%の消費
・両方使うと15~20%位の消費

<参考:SONY製のエクスペディア>

バッテリーの消費量はスマホの機種や経過年数や使用時間にもよりますが、通常の電波が入っている状態と比べるとかなりの消費電力の節減が出来るのは間違いございません。

 

4.電波の入り易い場所とは?

 山中に電波環境がない場合には、山の地形単位でいうと、山頂や稜線(ピークとピークの間)や尾根などの『見晴らしの良い所』が比較的電波の入りが良いです。

電波の直進性を示すチャート

電波の習性は直進性のある場合に『受信の感度』が上がる

 
☆電波は多数の反射(障害物への)を繰り返すと弱まる傾向があります。複雑に入り込んだ谷や沢や茂った森などを通るよりも、
 
直進性のある場所(展望の良く開けた場所)を好む習性があります。
 
また、有名な山には電波塔があることもありますし、山小屋にはWi-Fi環境がある所が多いので事前に調べて上手く活用して下さいね。
【注意】*雨や雪や風や霧(雲の中)などの気象条件が思わしくない場合には総じて電波は入り辛いのでご注意下さい。
 

5.予備のバッテリーを持とう!!

日帰りハイキングから宿泊を伴う富士山やアルプス登山などあらゆる環境においては、外部と連絡が取れる手段を確保することは大切なことです。その為にも予備のバッテリーを必ず持つように心掛けて下さい。いざという時、困った時のお守りみたいなものです。因みに機内モードもしくは電源をオフにした状態で充電をすると、クラウドやアプリなども同時に停止がされるので充電時間を大幅に縮めることが出来ます。
 

 
<オススメの充電器>
5~6回充電可能な大容量・防水・防塵・耐衝撃・ソーラー充電・LEDライト付

<山のスマホの活用術:まとめ>

  • 基本的に山の中では電源をオフにする
  • カメラや地図を使う場合には機内モード
  • 電波の入りやすい山頂や山小屋で使う
  • 予備のバッテリーはお守り代わり
 
電波塔が沢山ある美ヶ原

電波塔が沢山ある美ヶ原

今回はスマホの活用術ということにフォーカスしてみました。山の中では下界と比べると電波が入り辛い環境があることを踏まえた上で、如何にしてスマホ本来のツールは失われなく、かつ消費電力を抑えることが出来るのか?ということをご紹介させて頂きました。私たちハイカーにとっては快適性と安全性の両輪が、継続をした安全登山には大切なことということで、今回はこの辺で失礼をします。最後まで読んで頂き有り難うございました、こんな記事を書いて欲しいというインプレメンバーがいらっしゃたらお気軽に教えて下さいねm(_ _)m 

登山&ハイキングツアーサークル:オリジナルイラスト(6月用)
 
 
アルプス登山講習会のオリジナルイラストアルプス登山講習会のオリジナルイラスト
 
登山&ハイキングにおけるコロナウイルスの対策方法のオリジナルバーナー登山&ハイキングにおけるコロナウイルスの対策方法のオリジナルバーナー
 
 
キャンプの時、蝋燭のデコレーション 玄倉川のエメラルドグリーンの泉 新緑の西沢渓谷にて インプレッシブの山ガールモデルのみなさん 大野山のサミーさん:紫陽花に包まれて 白骨温泉の泡ノ湯:夏にて 下山後のビールは最高です。 山で食べるステーキ chiyoki09.jpg お蕎麦の写真 明星ヶ岳のゴミも恋人も捨ててはいけない注意甲板にて 10周年記念の時のお祝いのケーキ
当サークルはご年齢・性別・ご職業・国籍・スキンカラーなどの社会的なバックグランドなどは一切問いません。それは自然は常に私たちハイカーに平等に受け入れてくれるからです。これからも皆様にとって安心&安全なツアーイベントを開催に向けてガンバリマス👊

浄蓮の滝

静岡県の浄蓮の滝~クールインプレ企画

 

静岡県~達磨山からの展望

静岡県~達磨山からのパノラマ展望

 

御岳山・蓮華升麻

3万株の蓮華升麻の群生地

 

フェリーにてカモメに餌を挙げるのは楽しいです♪

 

海沢渓谷にて

真夏を涼む天然クーラの世界

初心者ハイカーさんへのサポートを14年間安心&安全をベースに『具体的な』ステップアップサポートをさせて頂いている登山&ハイキングサークルです。メンバーの方は80%以上がお一人&初心者の方です。ツアーイベントを過去600回以上の開催をして、皆様の環境作りへのご協力により無事故です。これからも安全登山へのご協力をお願いします。勿論、リピーターさん(=経験者)も大歓迎です。ご経験者の方にはより自然への質感の濃い『DEEP IMPRE』な世界へとお連れをします♪
 

最新情報と過去のイベントフォト

登山サークル:インプレッシブのバーナーロゴ~夏編登山サークル:インプレッシブのバーナーロゴ~夏編

感動への第一歩を!!夏編

 
お乗り換え案内のロゴお乗り換え案内のロゴ