ハイキングとトレッキングと登山の三つが出来る尾瀬の写真

登山?ハイキング?トレッキング?何処が違うの? 

山登りをする上で似ているようで違うことばのご紹介
 

日本は稀に見るほど山の数が多い国です。その数は何と14000座以上にもなります。日本はまさしく登山大国で自然がとても豊富なのです。一口に山に登ると言っても、ジャンルや装備や準備や時間や労力などは多岐に渡ります。冬山のアルプスから里山を歩くことも同じ山歩きです。山を歩くスタイルは大きく分けて三つのジャンルに分かれております。混合をしてしまいがちですが、ここでは初心者の方の為に登山、ハイキング、トレッキングの違いや区別の仕方についてご紹介をします。

 

 1)登山

歩行ルートは必ず目的地を山頂としているが登山です。国内ではアルプス級の3000メートル級の山々を指すことが多いですが、一般的にアルプスクラスの山でなくても、標高差(出発地点から山頂までの高度差)が1000メートル以上あるものが多いのが特徴です。例えば、富士山を登ることは必ず山頂を経由するので登山に当てはまります。登山には必ず山頂という最終目的地があります。三つの分類の中でも様々な準備を最も必要とされるのが登山です。下界と異なり自然環境の変化が著しいのです。(参照:富士山と東京の気温差)。工程も長く一日に6時間以上歩くこともあるので、基本的に日帰りで行くのではなく山小屋もしくはテントにて宿泊をするのが一般的です。距離も標高差もあり工程も長いために事前にきちんとした計画が必要となります。
 
参照:グレード:S A
具体例:富士山 北岳 奥穂高岳 白馬岳 槍ヶ岳など

登山の写真北アルプス剱岳

遠方にそびえる北アルプス剱岳



 2)ハイキング

自然の風景や歴史的背景のあるコースを楽しみながら歩くことを言います。一般的にハイキングは山頂を経由することが多いですが、必ずしも山頂を経由する必要はないのです。
 
例えば、低山での○○山や〇〇岳に登ることもハイキングです。森の中を歩くことや渓谷歩き、自然遊歩道や山のみでなく沿岸エリアを歩くこともハイキングに含まれます。歩く範囲がとても広く比較的標高が低い自然環境下で歩くことをハイキングと呼びます。登山とは異なり日帰りで行くエリアがほとんどです。特別な体力は必要なく日常の散歩やウォーキングの延長線上にあるので、山歩きの中では最も初心者の方がアプローチがし易いのがハイキングです。近年では健康維持を目的として山歩きをする方が多いです。
 
参照グレード: B C D
具体例:高尾山 大山 御岳山、西沢渓谷 養老渓谷 南沢の紫陽花山


ハイキングの画像 奥多摩金比羅山の紫陽花

奥多摩 南沢金比羅山の紫陽花



 

3)トレッキング

トレッキングは山頂を最終目的地とする訳でなく、高原や渓谷や湿地帯や湖など山頂に行く手前の緩やかなコースなどをメインとして歩きます。(途中で山頂を経由することもある)登山と比べると高度差は少なく比較的緩やかなコースを歩きます。アプローチとしては人工的な移動手段(車やバスやリフトやゴンドラやロープウェイなど)を用いることも多く、スタート地点から高地を歩くことになります。また日本の名峰のアプローチコースとして扱われることも多く、遠方にそびえる日本の名峰の景観はとても美しいです。これからアルプスクラスの登山をしたい方にとっては山の魅力の醍醐味が垣間見えることが出来ます。登山と比べると傾斜が緩いので初心者の方にはオススメです。またトレッキングは四季の中で最も美しい雪山スノーシューコースなどでも扱わられる。
 
具体例:尾瀬 涸沢カール 上高地 志賀高原 戦場ヶ原、北八ヶ岳 霧ヶ峰 美ヶ原 雄国沼 立山室堂
参照グレード:SP

トレッキングの画像北アルプス涸沢カール

北アルプス 涸沢カールの紅葉


 
登山とハイキングとトレッキングの比較表

山歩きの三つのジャンルの比較表

 

 

山の服装は気温差からなる:初心者ハイキングからアルプス登山まで

序章・『山の服装』選びの前に

『山の服装』選びをする前にビギナーさんが知っておくべきことは?三つのエリアから気温差を考察します。

 

山の装備:リュックサック、水筒、救急セット、ヘッドライト、コンパス、スパッツ、日焼け止め

初心者ハイカーのための登山やハイキングの装備

初心者の方の為の登山やハイキングの装備についてのご紹介です。

 

日帰りハイキングの服装:ユニクロ

初心者のための日帰りハイキングの服装選び

初心者の方が『低山ハイキングの服装』を揃える上でのお得な選択術!!

 

山の服装は気温差からなる:初心者ハイキングからアルプス登山まで

初心者ハイカーのためのアルプスの服装

『アルプス登山の服装』を買う前にビギナーさんが知っておくべきことは?

 

標高と気温の差について(富士山山頂)

山の気温が下がるのはなぜ?

 標高が高くなるにつれて気温が下がるメカニズムとは・・・
色々な種類の登山靴

登山靴の種類と選び方

 登山靴の種類や選び方などのご紹介
blogaiconblogaicon